FC2ブログ

ハードオフのジャンクレコーダー

久しぶりに書いてみる。

この年末、やることも無くぶらぶらと近所を巡っている中で、ハードオフにたまたま寄った所ジャンク品コーナーで惹かれた商品が有った。
それは、見るからにボロそうなVHSデッキやらDVDレコーダーに紛れていたBDレコーダーのシャープ「BD-HDW63」。なお2010年モデル。HDDのエラーが発生しているとのことで4,000円+税。本体のみ。

調べると、HDDは同型機をもう一台手に入れてニコイチにでもしてゴニョゴニョすればなんとか交換出来そう。まあ弄るだけでも時間は潰せそうだし、BDプレイヤー扱いでも十分だろう。最悪直せなくてもオークションで売り飛ばせば半額位はリターン出来るかな…なんてことを思いつつも数日悩み、結局購入。
アホなことにいつも通りな買物の感覚から自転車を使って行ったせいで、シティサイクルの小さいカゴに何とか収めつつ、片手運転で支えをしながら家に持ち帰る羽目になり、躯体の一部がボロボロに…

と、持って帰り家で適当に電源コードを調達して電源を入れ、テレビに繋ぐと表示されるのは案の定なHDDの認識エラー。まあ当然か。
リモコンは無いけど、基本操作は当初の予測通りHDMI CECで行けた…が、しかしエラーが出た後再度HDDの読み込みに入るせいで無限ループに入り、その途中も操作不能なせいで何も出来ない。これは想定外で致命的だった。

ある程度覚悟はしつつも、やっちまったなあと途方に暮れて諦めモード。
しかし、何をやったのかは覚えていないのだが(多分エラーのループ状態でそのまま放置していただけだと思う)、いつの間にかにテレビに恨めしく出ていたエラー表示が無くなっていた。

それでも結局記録媒体がエラーを起こしていたら致命的だろうし、期待はしていなかったがようやく開けた設定メニューにHDDリセットの項目が有ったのでやってみることにした。
…難なく完了。
まあびっくり。とりあえず適当な番組を録画してみて特に問題なく再生。

そんなこんなで4,320円ぽっちで旧式とは言えレコーダーが手に入った。
実際この機種の細かいスペックを見ると、320GBのHDDにBDXL対応のドライブ、AVCREC対応。現行機種で言えば3万前後の普及型と同程度であろう。
しかし、そんな現行機種でも下位モデルにはまず付いていない無線LANがこいつには搭載されている。しかも5GHz対応。まあライブチューナーなんかには勿論対応していないが、DLNAでホームネットワークに録画番組を飛ばすことは可能。
実際、こいつを繋いでいるTV(TH-L42E60)のDLNA機能で難なく録画番組の再生が出来た。

まあ4000円だからべた褒めもしているが、難点も結構多い。
特に動作音が煩い。DLNAの機能を使うためには電源ONかスタンバイモードにしておく必要が有るが、スタンバイ状態でもファンがかなりの風量で動いているせいでかなーりその音が気になる。保証は気にしないからこそ蓋を開けてファンを取り出し、軸にグリス入れてみたりもしたが無駄だった。結局市販の60㎜ケースファン(CFZ-60S)に無理矢理交換して気持ち程度にはマシになった気がする。
あと、UIに恐ろしく低解像度な物が混じっているのも中々気になる。以前実家で使っていた2006年頃のモデルで同じシャープのDVDレコーダーはほぼ前面SD相当なUIで構成されていたことを考えるとだいぶマシになったと思うが流石にねえ。現行機種では流石に改善されてるだろうが、地デジ移行の需要が一番出てたであろう2010年のモデルでコレなのはどうなんだろう。

DSC_0262.jpg

こんな感じで年末に購入・整備して、半月ほど動かしてみてるが問題なく快調に動作中。
メインの録画は専用のPCでやっているけど、サクッと見るにはやっぱりレコーダーが使いやすい。
HDDのバックアップ位はとっておくかなあ…
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ark_word_in

Author:ark_word_in

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Twitter
カウンター